「当事務所の解決事例」の記事一覧

1人の相続人が遺言によりすべての相続財産を相続したという、遺留分減殺請求交渉

当事務所の解決事例 新着情報

紛争の内容     相談者は、幼いころにお父様を亡くされましたが、そのお父様の母(相談者の祖母)が近年亡くなられ、代襲相続人という立場になりました。 しかし、祖母は生前、相談者の父の兄(相談者の叔父)に、祖母の唯一の財産・・・

24)アパート経営をしていた母親につき、アパートの改修工事の必要性から成年後見の申立を行った事例

当事務所の解決事例

紛争の内容 Bさんの母親であるAさんは多数の不動産を所有し、何棟ものアパートを経営していたが、ここ最近急速に認知症の症状が進み、子供達の顔も分からない状態になってしまった。 時を同じくして、経営しているアパートの1棟で大・・・

19)全ての財産を相続させる旨の遺言がある場合に、遺産を受け取ることのできなかった相続人が遺留分減殺請求をした事例②

当事務所の解決事例

紛争の内容 父親が死亡し、相続人はA、Bの姉妹2名。 遺産総額は1億円程度あったが、そのほとんどは不動産で構成されていた。 父親は、生前に「全ての財産をBに相続させる」旨の公正証書遺言を残していたため、Bが遺産を単独で取・・・

18)全ての財産を相続させる旨の遺言がある場合に、遺産を受け取ることのできなかった相続人が遺留分減殺請求をした事例①

当事務所の解決事例

紛争の内容 父親が死亡し、相続人はA、B、Cの兄弟3名。遺産総額は預貯金・不動産など約2億円。 父親は、生前に「全ての財産をAに相続させる」旨の公正証書遺言を残していたため、Aが預貯金・不動産を単独で取得(名義変更を完了・・・

17)遺産分割協議後に、被相続人である母親が生前残していた遺言が発見されたことから、既に作成していた遺産分割協議書の無効を争ったケース

当事務所の解決事例

紛争の内容 母親が死亡したことから、法定相続人である姉妹二人で遺産分割協議をしたところ、その協議が成立してから、母の遺言が発見された。母の遺言では、依頼者(姉妹のうち、姉)に母が生前居住していた家と預貯金及び現金五百万円・・・

ページの先頭へ