このページは、「自分の相続分が少ないのではないか」と悩んでいる方のためのページです。
自分が相続する財産が、法定相続分より少ないのではないかと疑問に思ったら、「遺留分」を検討します。

遺留分とは

田中弁護士

遺留分とは、「一定の範囲内の相続人が最低限保障されている相続分」のことで、遺言によっても、この遺留分を侵害することはできません。

被相続人は、生前に遺言を作成することで、「自分の財産を、誰に、どれくらい引き継がせるか」を自由に決めることができます。
遺言では、法定相続人の中の特定の人(財産を引き継いで欲しい子や配偶者)や、法定相続人以外の第三者(善し悪しは別として、愛人や隠し子)に全財産を遺贈することも可能です。
しかし、その結果、本来相続権があるはずの遺族が全く財産をもらえずに、生活に困ってしまうということもあります。

遺言によって遺言者の意思は最大限尊重されますが、反面、遺言によっても遺留分を侵害することはできず、残される家族の生活も保障されているのです。

遺留分についてのコンテンツ一覧

遺留分とは
遺留分の権利があるのは誰か
遺留分の計算に含まれる財産
遺留分侵害額請求権の期限
遺留分の権利失効・無効
遺留分の権利放棄
遺留分侵害額請求するには
遺留分侵害額請求されたら
遺留分侵害額請求されないために