使い込まれた預金を取り戻すために、不法行為に基づく損害賠償請求訴訟不当利得返還請求訴訟の2つの方法があるとお話ししましたが、これらの違いは何でしょうか。

法律上は、反対債権による相殺の可否や遅延損害金の始期などの違いがありますが、一番重要なのは、時効期間の違いです。

不法行為に基づく損害賠償請求訴訟の場合は損害及び加害者を知った時から3年で時効になりますが、不当利得返還請求訴訟の場合は行為の時から10年が時効です。

生前の預金の使い込みは3年以上前から長期に渡って継続的に行われているケースも多いですから、時効の点で有利な不当利得返還請求訴訟を選択することが多いと思われます

預金の使い込みについてのコンテンツ一覧

生前の預金の使い込みについてTOP
使い込まれた預金を取り戻す方法
不法行為と不当利得返還の違いとは
裁判を起こすにはどのような証拠が必要か
使い込んだ預金を戻せと言われている場合