3I4A49740002
「父親が多額の借金を抱えて亡くなりました。預貯金などめぼしい財産はほとんどないのに、借金だけを相続しなければなりませんか」
このような場合にお勧めしたいのが、相続放棄という方法です。
相続では、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継することになりますので、プラスの財産のみならず、マイナスの財産(負債)も承継されます。しかし、相続放棄を行えば、その相続人は最初から相続人にはならなかったものとして扱われますので、一切を相続しない(プラスの財産も相続できないが、マイナスの財産も相続しなくて済む)ことになります。
このように、相続放棄の制度を利用すれば、相続人は負債の相続から解放されます。

相続放棄についてのコンテンツ一覧

相続放棄とは
相続放棄の方法
相続放棄の期限
相続放棄ができなくなる場合