田中弁護士

遺留分に含まれる財産は、被相続人が相続開始時に持っていた財産(遺贈した財産を含む)に、生前贈与した財産の価額を加えた額から債務を差し引いて算定します。
遺留分を算定するときに、遺留分となる財産の範囲及び評価時点がよく問題になります。
遺留分に含まれる財産は①~④を足して、債務を引いた額です。
 

①被相続人が相続開始時に有していた財産
遺留分算定の基礎となる財産は、被相続人が相続開始時に有していた財産です。 ただし、祭祀財産は除かれます。

②被相続人が生前に贈与した財産
相続人以外に生前贈与した財産は、原則として相続開始前の1年間にしたものに限って算入します。ただし、相続開始の1年以上前にした贈与であっても、贈与当事者双方が遺留分権利者に損害を加えることを知って贈与したものは、遺留分算定の財産に含まれます。

③相続人が受けた特別受益
原則として、何年前に贈与されたものであっても、また、遺留分を害することを知らない場合であっても、遺留分算定の財産に含まれます。

④不相当な対価をもってした有償行為
当事者双方が遺留分を害することを知って行った、不相当な対価による売買等の有償行為。ただし、遺留分減殺請求するときは、その対価を償還しなければなりません。

遺留分についてのコンテンツ一覧

遺留分とは
遺留分の権利があるのは誰か
遺留分に含まれる財産
遺留分減殺請求権の期限
遺留分の権利失効・無効
遺留分の権利放棄
遺留分減殺請求するには
遺留分減殺請求されたら
遺留分減殺請求されないために